コンタクトセンター向けCRMなら
20年以上の実績を誇る
QuickCRMクラウドサービス

コンタクトセンター向けCRMは
なぜ必要でしょうか?

コンタクトセンター向けCRMはこんなところで活用されています。

イメージ画像
  • 1.正確でタイムリーなデータの入力が必要な業種
    (受注処理業務など)
  • ・入力が必要な業務
  • ・定型的な文章を入力する必要がある業務

CRMを利用することで…

・正しく入力出来るようにアシストしてくれる。
・論理的なエラーを検出してくれる。

イメージ画像
  • 2.業務が案件管理な業種
    (お客様からの問合せ業務など)
  • ・一人のお客様からの問い合わせに対して複数の案件対応が必要な業務
  • ・定期的にエンドユーザにフォローを行いたい業務
  • ・自社内の担当者が頻繁に変わる為、情報共有を効率化したい業務

CRMを利用することで…

・案件毎に履歴が明確に保存され、いつ、だれが、いつまでに、対応したかを把握できる。
・そのため、適正な人員配置ができる。

イメージ画像
  • 3.お客様のニーズ、困っておられる情報の蓄積が必要な業種(お客様相談室・ヘルプデスクなど)
  • ・即座に顧客情報を把握して顧客対応の向上と業務の効率化を図りたい業務
  • ・現在のステータスを瞬時に管理、把握したい業務

CRMを利用することで…

・FAQ、過去の回答履歴等を即座に閲覧が可能となり、より早く正確な対応が可能となる。
・また、お客様からの情報が整理して蓄積される。

結 果

QuickCRMクラウドは、
高級なCRMをクラウド環境で提供しています。
イメージ画像

2005年に開発を開始、以降色々なお客様からご要望にお応えして製品を育ててまいりました。この機能をテンプレートで提供、基本お客様自身で構築可能なように設計しました。
QuickCRMクラウドは、お客様が期待される諸々な機能にフイットするように4つのEditionから構成されております。各Editionは統一されたコンセプトで開発されており、その時に必要な機能を必要なだけ利用することが可能です。