あらゆるコールセンターの要望に応えたQuickCRMだからこそきっと見つかる!あなたにピッタリなのはこのEdition!

あなたにピッタリなのはどのEdition?

他の業務を担当しながら
お客様からの問合せを受けている
イメージ画像

そんなあなたには

Basic Edition

コールセンターとしての業務を運営
しているがシステム化されていない
イメージ画像

そんなあなたには

Office Edition

実際にコンタクトセンターを
運営している
イメージ画像

そんなあなたには

Standard Edition

お客様の業務が非常に特殊であり、
スクラッチでプログラムを開発している
イメージ画像

そんなあなたには

Advance Edition

Basic Edition

通常の業務を行いながらお客様からの問合せ、
要望等の受付等を電話・メールで対応しているお客様に最適です。

期待できる課題の解決

業務の構築方法

お客様がアプリケーションテンプレートから対象とする業務に近い
テンプレートを選択して頂きセミナーに参加して頂きます。
セミナーではテンプレートをベースに修正・変更できる機能について説明させて頂きます。
機能的に問題ないことを確認して頂いてから業務を開始することができます。

セミナーの内容

お客様が選択されたアプリケーションテンプレートをベースに項目の追加修正の方法、及びデータの登録方法につて説明させて頂きます。ご要望内容が、このEditionでは対応できないようであれば、別Editionへの変更をお願いすることがあります。

セミナー受講後
お客様で実現できる機能

追加・修正できる入力項目

Basic Editionの制約事項

セミナーへの参加

セミナーに参加された方には、
画面の作成が自由に出来るScreenDesignerの
ダウンロードが可能となります。

Office Edition

コールセンターとして独立した環境でお客様からの問合せ、
要望等の受付等を電話・メールで対応しているお客様に最適です。

期待できる課題の解決

業務の構築方法

お客様が、アプリケーションテンプレートから対象とする業務に近い
テンプレートを選択して頂きセミナーに参加して頂きます。
セミナーでは、デザイナーツールを利用して実現できる機能について説明させて頂きます。
機能的に対応可能であることを確認して頂いてから業務を開始することが可能です。

セミナーの内容

お客様が選択されたアプリケーションテンプレートを基本にデザイナーツール(ScreenDesigner)で提供する豊富なブジェクトを追加することができます。ご要望内容が、このEditionでは対応できないようであれば、別Editionへの変更をお願いすることがあります。

セミナー受講後
お客様で実現できる機能

Office Editionの制約事項

セミナーへの参加

セミナーに参加された方には、
画面の作成が自由に出来るScreenDesignerの
ダウンロードが可能となります。

Standard Edition

コンタクトセンターを実際に運営されているお客様に最適です。

期待できる課題の解決

業務の構築方法

お客様が構築される場合

2種類のセミナーを準備しております。

1.実践セミナー
構築したい機能が明確になっている場合に有効で要望された機能を実現する方法を中心にセミナーを進行させて頂きます。

2.標準セミナー
QuickCRMクラウドで実現できる機能について説明させて頂く形でセミナーを進行させて頂きます。

弊社が業務構築を受託する場合

テンプレートをベースにお客様と開発範囲(実現する画面遷移機能、CTI連携に関する機能、利用するオプション等)について明確化させて頂き見積もりを提示して承認されてからアジュール方式で開発を開始します。 お客様は、実際に動作する画面を見ながら機能の確認、場合によっては、新たな機能の追加を要求することができ、実現する為に大幅な工数が必要な場合にはコストと納期を提示させて頂き承諾を得て進めさせて頂きます。

Advance Edition

お客様の業務が非常に特殊であり
スクラッチでプログラムを開発していたお客様に最適です。

期待できる課題の解決

業務の構築方法

お客様が実現したい機能についてヒアリングを行い、次のご提案をさせて頂きます。

方針が決まりましたら、ウオータフォール型で開発を行い、ドキュメント単位(例えば、要件定義書、概要設計書…)で見積をさせて頂き承諾を頂いて開発を進めさせて頂きます。

POINT!

各Editionとも
シームレスなアップグレードが可能なため、
長期にわたって安心してご利用いただけます!